FC2ブログ

晴耕雨読的達観 食生活

宮城・山形に架ける食の細道、 たまには名所旧跡 探訪も

プロフィール

HOWLING PAPA

Author:HOWLING PAPA
食べることを通じて見る日常
時に快活に時に雄弁に、時に黙考
足は地に着けて歩きましょう
流れに流されずに・・・・・
さてと、今日の天気は如何なもんでしょう

にほんブログ村 グルメブログ 東北食べ歩きへ

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 宮城県情報へ

リンク

最新記事一覧(サムネイル画像付き)

麻婆飯 「美味楼(仙台市新寺小路)」 2019/03/21
「六歌仙 蔵参観2019」(山形県村山市) 2019/03/17
「かつや六丁の目店」  新しくなったかつカレー 2019/03/10
忽ちに至極の一品 「中華そば 志のぶ」 2019/03/07
「ラーメンハウス れんぼー」 連坊小路にあります 2019/03/02
「阿佐緒」という地酒 2019/02/23
「かに政宗 泉店(仙台市七北田)」 色々楽しめるランチ 2019/02/16
半田屋 マイチョイス 「半田屋 六丁の目店」 2019/02/09

カテゴリ

カレンダー

02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

TWITTER

最新コメント

カウンター

検索フォーム

麻婆飯 「美味楼(仙台市新寺小路)」

時々この辺に出没
それも昼頃ね
仙台駅に近いからね、気楽に手軽に昼ご飯を食べられる(価格が安いってことに尽きる)処があんまりないんですね
そんな中でも、中華店はなんとなくどこでもあまり変わらない料理店が多いから、どうしてもこの辺の昼ご飯での利用が多くなるんだね

ってことで、やっぱり
麻婆飯 780円

美味楼002
   甘い、甘い広東風の仕様ながら

   痺れ味も辣味もそこそこあって
           いい所突いてくる食味
   更には、食べ安く仕上がっている

  辣油はなく甘だれあんに、
  挽き肉とニラがたっぷりと入ってご飯が進む

   量もたっぷり満腹感が得られるます

バリバリの四川風味麻婆は勿論だが、こういう味わいの麻婆はたまに食べたくなる

美味楼003

有り来たりのメニューながら、味価格ともにしっかりしてると思われる店なので、
寂れた外観ながら、近隣の会社員たちや地元風情の方々が、昼夜入っていてなかなか盛況なとこですね
--------------------------------------

テーマ:中華料理 - ジャンル:グルメ

【 2019/03/21 19:39 】

食の細道  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

「六歌仙 蔵参観2019」(山形県村山市)

山形の村山には全国的に超有名な高木酒造があるが、地元山形では手に入らないという変な事態が好きではなくて、
むしろこだわり乙さん、御用達の日本酒六歌仙の、毎年この時期開催の「蔵参観」に久しぶりに行ってきた
ここ2年、重なる優先的用件で行けてなかったのでやっと行けたっていう感じで飲む気満々で出発

JR仙山線で仙台を発って羽前千歳で奥羽本線に乗り換え村山駅を目指す
待ってる間に、山形新幹線が通過
六歌仙001

村山駅を降りると、駅前から送迎バスがすぐに来てくれる、有難い


11時ごろ到着すると、蔵はすでに人であふれている
六歌仙003

試飲コーナーには途切れず黒山の人だかり
スタッフと話し込む輩も多く、並んでいてもなかなか順番が回ってこないこともあるから、後ろに注意しながら楽しもうね
六歌仙002


以前には蔵の真ん中でやっっていた、一升瓶と漬物放題は残念なことにやってはいなかったなぁ
地元のおじさんおばさんと話ができる、これを楽しみで出かけたんだけどね

地元や飲食店や近隣の開業のテント販売(出店)も盛りだくさん並んでいる
六歌仙004

なかでも、ハリス食堂や満月のラーメンや手打ちそば


菓子、漬物、煮物、肉やなどなど多彩

無料の酒かす汁、午後にはまぐろにぎり振る舞いなど

六歌仙005

山形だったらスーパーでも売ってるよ、って言ってたが、仙台では手に入らない

六歌仙超辛口

帰りには、村山駅の駅そば
これは有名なだけにやっとの機会でぜひたかったもの

茹でそばのようではあるが、クッションのよう食感とあっさりだしに200g以上はありそうなボリュームに圧倒され
これぞ、山形の駅そばと、缶ビールを飲みつつ感嘆した次第

六歌仙006


そして、座った席の窓からは村山市民の山「甑岳」、外に出て西側に目を転じれば霊峰「葉山」が見える

六歌仙007


テーマ:お酒 - ジャンル:グルメ

【 2019/03/17 20:42 】

晴耕雨読的達観生活  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

「かつや六丁の目店」  新しくなったかつカレー

かつやのカレーは、和風ながらけっこうインド寄りで(??)
 スパイシーな香りもあって好き
 
久しぶりに食べたくなって来てみたら、カレーライス 702円で
キャベツがご飯の上に乗っている

 かつや001
  カツが小ぶりになってご飯の量も減った印象

  食べてると、キャベツがかれーをはねたり、
  食べにくかったりで個人的には不用だなあ、
  と思う

  あと、チーズトッピングもあるようだ 100円

肉はボソボソとして、なんだか噛んでる気がしないナア
味はスパイシーだから
また、たまに食べるのがいい

-------------------------

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

【 2019/03/10 21:12 】

食の細道  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

忽ちに至極の一品 「中華そば 志のぶ」

根強いファンの多い冷やし中華そばもあるけれど、今日も中華そばね

550円
志のぶ001

此方は昔なからの中華そばといっても、そうではないような現行でも通用できる立派なラーメンの仕様(乙さんの持つ中華そばのイメージとは違うということです)

豚がらの清湯にあくの強そうなだしで
煮干しのえぐみはないから、ちょっと意表を衝かれるかな
加えるしょうゆだれは、其れほど塩っぱくもないしきつくもないから
ん、するする飲める茶色の色合いのスープ
ラード感もそこそこあってこくの演出が恐らく人気の理由

伝統に培われたとは言うが、むしろ今時の捻った味わいのような気がするが

麺は小麦感の強い中加水程の噛み食いと切れあじで
食べていて小気味がいい 

チャーシューもあっさりな味わいそこそこに、手裂きメンマも甘塩っぱくて
全品口内に放り込んで、もごもごすれば忽ち至極の一品

老若男女、リピーターが多いわけだ

志のぶ002
-------------------------

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

【 2019/03/07 20:51 】

中華そば食べよう  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

「ラーメンハウス れんぼー」 連坊小路にあります

この辺り、子供のころ近くに住んでたこともあって土地勘はあるが(とは言ってもあずま街道が本拠地)、
でもそんなに古くからでもないよぅな感じだが、いつの間にか耳にするようになった
昼時近所にいたので行ってみることにした

中華麺にご飯ものがラインナップの町の定食屋
馴染みが圧倒的な入りの様子で
カウンターの中からの丁寧な声掛けに初訪店を感じさせないんだなあ
アウェイ感もなくて地元客の仲間入り

しょうゆラーメン 530円

レンボ001
  麺が固くていい
  脂けっこう浮いてるが、薄いしょうゆの薫り
  椎茸のような甘味ある味わいの
        野菜スープがあっさりで美味い






日常的な利用可能なラーメンだ
ただ量もあっさりなんだから、帰り途中の「かんじ」でもう一杯食べそうになってしまったじぁないか
-------------------------

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

【 2019/03/02 19:26 】

中華そば食べよう  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
 | ホーム |  次ページ ≫