FC2ブログ

晴耕雨読的達観 食生活

宮城・山形に架ける食の細道、 たまには名所旧跡 探訪も

プロフィール

HOWLING PAPA

Author:HOWLING PAPA
食べることを通じて見る日常
時に快活に時に雄弁に、時に黙考
足は地に着けて歩きましょう
流れに流されずに・・・・・
さてと、今日の天気は如何なもんでしょう

にほんブログ村 グルメブログ 東北食べ歩きへ

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 宮城県情報へ

リンク

最新記事一覧(サムネイル画像付き)

えそ煮干し中華そばを食べてみた 「麺場くうが?」 2019/06/15
「そうだ、5月 残雪の月山へ行こう・・・と」 2019/06/11
「餃子の王将」 たまに来てみれば・・・ 2019/06/01
昼ご飯メニューの選び方?? 「肴や道場(仙台市6丁の目) 」 2019/05/27
優れものの麻婆豆腐 「日月壇(宮城県岩沼市)」  2019/05/21
中華料理 「とらの子(仙台市中山)」 2019/05/18
山形の街そば 「 庄司屋」 2019/05/12
昭和の麺食堂  「レンボー」 2019/05/03

カテゴリ

カレンダー

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

TWITTER

最新コメント

カウンター

検索フォーム

えそ煮干し中華そばを食べてみた 「麺場くうが?」

山形、寒河江にある比較的新しそうな店
目的地から帰る際に、記憶に有った店名だったから立ち寄ってみようと初訪店

えそにぼしだしの中華そばが売りなんだって
この魚はその見た目から「醜悪な魚」という意味で「エソ」と名付けられたようで「蝦夷」の歴史的な重みを背負っってるようだ
ただ高級魚で白身は主にすり身で出回ってるとのこと
だからだしの味はいいんだろうと思うけど

その、えそ煮干し 中華そば(しょうゆ味) 650円 太麺
えぞ煮干し

あごよりもあっさりとした甘みが感じられ、煮干し感もなくて食べやすい
太麺を選んだが、細麺の時のようにずるっ、ずるっと食べられる

中華そば 600円 細麺
中華そば

牛骨だしとのことだが特有の匂いと甘味も然程なく、まったく意識することなく食べられる
麺も固めのチャーシューも食感が小気味よく、おいしく食べられた

優等生な中華そば・・・ って感じ

麺量は標準で、たっぷりの200gが嬉しいし、全体的にバリュー感の高く感じる一杯

くうが003


昼遅くながら駐車場が満車で、一回スルーしてまで来た甲斐があったね
----------------------------

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

【 2019/06/15 18:31 】

中華そば食べよう  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

「そうだ、5月 残雪の月山へ行こう・・・と」

未だ残雪の多い時期に月山へ行きたく、やっとチャンスができ行ってきたのは5月下旬最後の土曜日
昨年は、6月1週に行っていたので約10日ほど昨年より早め
今年は雪が少ないようだから、大体去年と同じぐらいの残雪なのかな
念のため、今年買った軽アイゼンも持っていこう、それとストックもあった方がいいね

月山姥沢駐車場には午前8時ごろ到着
余裕だと思っていたらすでに8割以上車が埋まっていたのには驚き
県外や東北各地からのナンバーが多い
スキーやボーダーたちのようで、中高年のグループもしっかりいたりして、まあほんとに好きな人たちなんだねぇ

リフトは券を買うときに並んで、乗るときにも並んで1時間ぐらいは待つ場合もあるけど
今日はちょっと早目だったのですんなりと乗車できた
リフト下駅から上駅まで乗るのだけれど、夏は往復乗れるけどこの時期は昇りのみで下りは30分ほど歩かなくちゃあならない
これが、下山してきて最後の下りだし、スキーヤーをよけながら端っこを歩くのだから一層疲れてくる

8時半ごろリフト上駅を出発して、まずは姥が岳を目指す

月山003  月山005
 リフト上駅を降りると、姥が岳への登り   登る途中から月山頂上を眺める
 急登だが30分も歩けば頂上に着く     今日の行程が一気に見える尾根上の
                      雪の際を登ります

月山004  月山002
 姥が岳頂上から月山頂上            夏道は金姥辺りまで歩けて
 牛首辺りまでは夏道かな            そこから先は雪の上

月山007  月山008
 牛首付近                  点々に見えるのはほとんどがボーダーたち
 ここから、月山山頂まで一気に急斜面を上ります  
 鍛冶小屋小屋跡あたりから上は雪はないようだ

月山009  月山010
 頂上付近からの、歩いてきた姥が岳から連なる峰々 秀峰 朝日連峰がくっきり

月山011  月山012
 月山神社と手前が頂上小屋             こちらは、麗峰 鳥海山
 もちろんまだ閉まってます

月山013
 
  頂上から眺める姥が岳

  後ろ右手には薬師岳、湯殿山
  今年は、こちら側から登ってみたいなあ





   頂上で小一時間ほど、眺望を楽しんだ後、上から一気に下ります

月山015

 
   牛首から、姥が岳の西面を巻いて
   リフト駅に向かう

月山014





           途中こんな急斜面が現れて
           ステップ切って最後の踏ん張り

           やがてリフト上駅へ
          13時15分着
           
           けっこう下りが疲れましたね
        でも、夏か秋にまた来たくなるんだよね

月山

  今回登った月山の軌跡

----------------

そして下山後の楽しみといえば・・・
温泉とそばまたは中華そば

時間的にさくらんぼ温泉は後回しにして
次に目指すは、この時間食堂はほとんど開いてはいないから自ずとこちらになってしまう
「福家」だ

下山後の空腹に思わず、チャーシューメン

今日はほどよい塩っぱさのスープがうまい
月山の道のりを思い返しながら、啜る中華そばはやっぱりうまい

ふくや001


----------------------------


テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

【 2019/06/11 19:48 】

晴耕雨読的眺望  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

「餃子の王将」 たまに来てみれば・・・

環境の変化に伴って近所にはないものだから、仕事途中の昼ご飯で近くを通れば行けるから、
餃子の王将は六丁の目店にやって来た
実は、王将の和風中華の、しょうゆ焼き飯がたまに食べたくなる味で、此方にやって来たわけ

だがそのつもりで行ったら、中田店にあった焼きめしラーメンセット 650円が見当たらない
ランチのセットはあることにはあるが、殆んどが余分と思われる付け合わせがついての構成と価格

だっだったら、よく食べていた久しぶりの中華飯 540円にしようかな

餃子の王将001
 しょうゆ色の強い、いかにも甘塩っぱそうに
 大雑把に切った野菜の見える形相は、
 和風中華の濃いしょゆ味が、
 「お~ これだよ」と思わず独り語ちる

  同じ味わいに、マニュアル通りの味というか
  何処でも外れなしの味に安心かな


  量もそこそこあって、和用の中華料理の味がなんだか懐かしさを感じさせるから、
  又来よう
―----------------------------

テーマ:中華料理 - ジャンル:グルメ

【 2019/06/01 19:38 】

食の細道  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

昼ご飯メニューの選び方?? 「肴や道場(仙台市6丁の目) 」

六丁の目付近で昼ご飯
魚でも食べたいが、知った処もないので以前に入った此方へ再訪

さかなや定食 850円

 魚や道場001
  ぶり照り焼き、大きさ5~6センチサイズに
  思わず  「なんだこれ!?・・・・・」

  以前食べた海鮮丼にも驚いたが
  こちらはシンプルに唖然・・・
  
  みそしるはお椀に半分


  付け合わせの刺身 
  びんちょうと鯛が四切れだが
  大振りでいいが、メインがこれじゃあね

まだ食べたことはないが、やはり看板メニューの日替わり定食 650円のシリーズが
無難なところか

いや?・だが!・しかし~、  揚げ物だしかだもかな

----------------------------

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【 2019/05/27 21:19 】

食の細道  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

優れものの麻婆豆腐 「日月壇(宮城県岩沼市)」 


昨年までは、月1~2回ぐらいは行って麻婆ランチを食べ続けてたけれど、
今では仕事の場所が変わってしまったので約1年ぶりの訪店となった


ランチのラインナップから、 麻婆ランチ 600円 
やっぱり!

こういうランチで、これだけの色合いと味わいを出すってのはほかにないね、やっぱり

日月壇001
  あんが多少だまになってる片栗粉のとろみに
  黒ごまいっぱい見える
  あれ、豆鼓の代わりかな??

  辛味が強く、
  しょうがとにんにくの味が利いているが、
  何とはなしに大人しくなってるようで、
  ちょっと物足りなさも


薄っぺらな味ではないが、奥深さはないと言えるが、何せ、この価格でこの内容は優れものでしょう


日月壇002
  懐かしく食べたなぁ

  岩沼に戻ってきた感じ

  でも戻りたくはない、
  ・・・・・・・・・・ とは正直なところ



―----------------------------

テーマ:中華料理 - ジャンル:グルメ

【 2019/05/21 09:35 】

食の細道  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
 | ホーム |  次ページ ≫