FC2ブログ

晴耕雨読的達観 食生活

宮城・山形に架ける食の細道、 たまには名所旧跡 探訪も

プロフィール

HOWLING PAPA

Author:HOWLING PAPA
食べることを通じて見る日常
時に快活に時に雄弁に、時に黙考
足は地に着けて歩きましょう
流れに流されずに・・・・・
さてと、今日の天気は如何なもんでしょう

クリックしてもらうと、凄く励みになります
       ↓
  にほんブログ村 グルメブログ 東北食べ歩きへ
  にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 宮城県情報へ

リンク

最新記事一覧(サムネイル画像付き)

ソース焼きそば 「寺岡飯店(仙台市泉区)」 2018/08/15
名前に違わない「匠の庵」、微に入り細に入り本気で食べたそば 2018/08/10
「十割そば会」 そば喰い常用に最適 2018/08/05
「中華亭分店(宮城県白石市)」 白石ラーメン? 2018/07/23
「江戸家(仙台市長町)」 変わらずのハイバリュー丼セット 2018/07/19
「開盛庵(仙台市)」 老舗の味 鰻どん 2018/07/14
「はちのや(山形県寒河江市)」久々のガツンと、支那そばの一杯 2018/07/11
「長命ヶ丘飯店(仙台市泉区)」 地元の中華名店 2018/07/07

カテゴリ

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

TWITTER

最新コメント

カウンター

検索フォーム

「餃子の王将 中田店」 餃子無料券効果

月に一度は訪店、 もちろん餃子無料券料効果
本日は、天津飯と組み合わせにしてみよう

天津飯 518円 餃子無料
税抜きワンコインは嬉しいね

  餃子の王将
   かなり大きな皿にけっこうこんもりとした盛り
   皿が大きいから小さく見えるが現品は大盛り級

   ご飯にぱらっとした玉子焼きが覆う
   そこに、あんかけのたれがたっぷり囲み島を成す
  あんは、塩、しょうゆ、甘酢から選ぶのだが、塩でオーダー

   甘塩っぱくも濃いあん
   刻んだねぎとごはん
   分かりやすく造られているから、あたり前な味

餃子はにんにくと野菜感たっぷりだから食べ応えはある
通う度に好きになっていくような ・・・・・・・・

麺とセットものが安くて充実のラインナップは中華ランチに最適かな

 ----------------------------------------------

テーマ:中華料理 - ジャンル:グルメ

【 2016/01/30 16:13 】

未分類  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

「すえひろ(宮城県亘理町)」、米沢ラーメンを思い出す

米沢ラーメンというと、その当時はご当地ラーメンなどというものはなくて、単に中華そばとか支那そばとか言っていた

学生時代を米沢で過ごした乙さんは、そんな時代だったこともあるし、月5万円で暮らす金乏欠生活だったこともあるし、ラーメンは気軽な食べ物ではなくて所謂、年に数回しか食べることができないご馳走だったんだ
家族が訪ね来た時とか、病み上がりとか、バイトで思わぬ収入があった時とかね
山形特有かどうか、その頃の一般家庭では、寿司とか食堂の出前に比して、中華そばや種そばが接待・饗応食だったからね

で、食べ歩きなんてできるわけがないので、その頃記憶に残っていて今も営業している店は数少ない
「さっぽろ」(だったと思う、桂町かお堀端か定かじゃないが)、「やまとや」(山大正門前にあってその当時は人気の食堂だった)、「味の文明堂」(米沢では少ない洋食が食べれた、その当時は洒落た店だったと思う)

そういえば、サッポロミソラーメンがはやりだしたのもこの頃からだったなぁ

ここは、県南の亘理だ
さて、そんな想いとはほぼ無関係な日常だが、久しぶりに食べたくなりやってきた
店に入ればかすかに豚骨臭が漂っていたが苦にもならず、かえって昼時の空腹を更に刺激して俄然食欲を増す
県南では唯一と言っていいだろう、米沢ラーメン、いや言うなら「置賜華そば」と呼びたいね、そんな店

お客は地元の方が多い
配膳も早いし、期待を裏切らず正真正銘の中華そば、原理主義的中華そばだ

すえひろ
    煮干しと鶏がら、豚骨清湯だしに野菜の甘み
    気高いしょうゆのかえしが昆然となって香る
    細く縮れた麺にスープがまとわりついて
    口内から脳髄へ直撃の旨さが突き抜ける
    
    多加水なのだろうが、
    思ったほどもっちりとはしていない
    細い縮れ麺、ぼそっとした食感を受けるが、
    噛み拉けば美味さが口内一杯に広がる
    だから大盛でもするするっと食べきってしまう
    いやむしろ、大盛でないと不十分

    ねぎ、メンマ少々、バラのチャーシュー、かまぼこだけのシンプルトッピング、これが定番

亘理町中華そばの貴重な一店、今はない「ときわや」の分までがんばってほしいなあ
定期的に食べたくなるらーーめんだから

 -------------------------------

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

【 2015/05/09 16:50 】

未分類  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

「だいもん」(宮城県亘理町)で小エビのかき揚げ丼

亘理駅南から荒浜に向かう街道の跨線橋を下ったところにある食事処
以前はラーメン店だったが代わってから久しいと思う
ハラコの季節なんかはかなり混んでたようで、たまたま初訪店

 だいもん3
    店内は、暗めでやや古びた室内
    やかんの置かれた反射型ストーブが
    一層雰囲気をかもし出す
    格子で間仕切りのテーブル4席と小上がりが
    けっこう広々としている
    
    待つ間、そばやの造りだろうなんてことを思いながら
    見回してると飽きた頃に配膳


    小エビのかき揚げ丼 750円
 だいもん1
    油で揚げる音がしていたが、掻き揚げというより
    フリッターの食感になっていた
    小振りながらたっぷりの小エビに食べ応え
    甘酢っぱいとろみのついたたれと相俟って
                         どうみても中華風
    たれがご飯に染み込む旨さを感じられなかったんだ
    それと、やっぱり甘辛くしてほしいなあ、たれは
    ご飯が柔らかかったのも残念

    味噌汁、サラダ、小鉢、つけものが付け合わせ

メニューをみれば、ウナギが得意なようで、焼き肉、揚げ物、をはじめとして中華そばもある
価格は高め、それなりの印象で 1000円前後が多いようだ

年輩のご夫婦がやられている静かに食事ができる処なんだ

 -----------------------------------
【 2015/04/19 09:50 】

未分類  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
 | ホーム |