FC2ブログ

晴耕雨読的達観 食生活

宮城・山形に架ける食の細道、 たまには名所旧跡 探訪も

プロフィール

HOWLING PAPA

Author:HOWLING PAPA
食べることを通じて見る日常
時に快活に時に雄弁に、時に黙考
足は地に着けて歩きましょう
流れに流されずに・・・・・
さてと、今日の天気は如何なもんでしょう

にほんブログ村 グルメブログ 東北食べ歩きへ

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 宮城県情報へ

リンク

最新記事一覧(サムネイル画像付き)

「かつグルメ 利府店」 (その気で思えば)三度楽しめるかつ丼がある 2018/10/20
「雲の峯幾つ崩て月の山」 月山に登る 2018/10/17
「三島屋(宮城県多賀城市)」 この印象に残る麻婆豆腐 2018/10/10
「花鳥風月 鶴岡店」 青は藍より出でて藍より青しのワンタンメン 2018/09/30
夏の日 湯野浜に遊んだ  「都屋」 2018/09/29
地味ながら賑わっている店 「香蘭(仙台市長命ヶ丘)」 2018/09/23
村田観光の後に、工夫とこだわりのみそラーメンを食べるの件 2018/09/15
(麻+辣)×こく=旨味の醍醐味 「華房(仙台市泉区)」   2018/09/10

カテゴリ

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

TWITTER

最新コメント

カウンター

検索フォーム

「かつグルメ 利府店」 (その気で思えば)三度楽しめるかつ丼がある

さて、利府で昼ご飯となりました
利府役場、この辺りは初めてですね
仕事先の近くにあった、同じ敷地内に並んでるかつグルメとまるまつが目に入る

そうとくれば「かつ丼」だね
どちらも引けを取らないバリュー感たっぷりのランチかつ丼を両店はそれぞれにラインナップしてるはず

ここはキャベツ豊富なかつグルメでと選択
で、入ってみてオーダーはもちろんかつ丼ランチ

だが、頼んだ後にメニューを見てみれば、な・なんと、価格が730円になってるじゃあないの
どこ行ってしまったんだい、あのハイバリューかつ丼ランチは?
と思いながらも
まるまつのかつ丼ランチ 650円(小そば、つけもの付き)のはず
こういう価格差についてはかなりナーバスかつ気弱なサリーマンの習性
一瞬どうしようって思ったが
こちらは、大盛りかつ丼にごはん、線切り大根、つけものがフリーなので、三変化で食べれるはずと
そんな見計らいを瞬間的にやってしまうのがサラリーマンランチ歴の長さ故か

かつグルメ001
    一回で3度楽しむことのできるためには
    優れたサイドディッシュたちがサポート

    まず、既定のたまごとじカツどんを
    楽しむことにしよう





次のステージは、フリーのご飯を別椀にもって、キャベツにかつを載せてソースをかければ、
もうひとつのソースかつ丼が出来上がり

かつグルメ002
  3番目の楽しみは
 丼のかつを少々、キャベツ共に別皿にもって
  無理やりでも、かつライスの出来上がり
   





嘗て家庭の味に仕上がっている

3回のセコいアクションで大満腹
夕飯不要の昼ごはん
それと、此処の好きなとこは
ころもがたれに浸み込んで柔らかくなって 食後に口内が荒れないことなんだ
だから、さくさくとんかつの食感を大事にする輩にはかなりの不向き

但しこれをやる場合は、前日および当日の空腹感MAXかその後の夕食不要か、の状況のあるときにのみ許されるオーダー
 -------------------------

テーマ:丼物 - ジャンル:グルメ

【 2018/10/20 19:29 】

食の細道  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

「三島屋(宮城県多賀城市)」 この印象に残る麻婆豆腐

今回は麻婆豆腐定食ではなくて  「麻婆飯」   864円

三島屋002   甘みのない辛くて痺れて
           尚且つビターな味わい
   御飯の固さはジャストミート
   そのご飯に対峙するかのような
               とろみ強いあん
   安易な妥協は許さずに、
   口内にそれぞれが残っている

   かなりマニアックな食感と思う
   それがまた旨い


三島屋001


    付け合わせは、ザーサイ
    がまたいい
   
   





三島屋003

   待った時間は悠に30分
   満席のテーブルが皆待ってたが、
   待つ甲斐ありの一品

   さくっと昼めし目的や、
   スムーズなサーブを期待する輩は
   止めておいたほうがいいだろうね

-------------------------------------

テーマ:cafe - ジャンル:グルメ

【 2018/10/10 15:05 】

食の細道  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

地味ながら賑わっている店 「香蘭(仙台市長命ヶ丘)」


ここと同じ店名が5,6か所県内では見かける
そのうち数か所で焼きそばを食べてるがいずれも違いがあって夫々なんだ

長命ヶ丘地区にある 中華料理店
昼ともなれば、近隣から馴染み風情や工事中職人の方々風情がぐんと集ってくる

ソース焼きそば

香蘭001
  野菜たっぷり、キャベツやもやしがたっぷり
  にんにくの茎のようなものまで入ってる

 ソースというよりはしょうゆ味でさらっとして
  中華店でのでてくるような
  油たっぷりじゃないほうの味わい
  これはいい具合だね


そこがいいところで、もみのりたっぷりに紅ショウガ、 ふんだんが嬉しい皿だ

近隣のメジャーな大盛り店に比べればなんだか地味な感じもするが
味では引けを取らない隠れた店なんだな

   香蘭002
 --------------------------------------

テーマ:中華料理 - ジャンル:グルメ

【 2018/09/23 09:09 】

食の細道  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

(麻+辣)×こく=旨味の醍醐味 「華房(仙台市泉区)」  

中国料理

麻婆豆腐セット 1120円
麻婆豆腐、ご飯、スープ、サラダ
 華房003

   炸醤や豆鼓の各部がいい仕事
   総体的に渾然とした美味さが口中に拡がる
   食べては !!! 
   と思わせるような刺激的な味わいはない
   甘味を強く感じる造りが、
   大人の麻婆を求める向きには
   ちょっと残念になるかもしれない


 華房002
  麻婆豆腐は、
  やはりご飯が一緒の麻婆飯スタイルが
  マイベストだと思っているのだが
  かけごはんで頼むと専門店風情のところでは
  大概断られる
  中華食堂のようなところでは
         柔軟対応してくれるのだが、
  その違いは一体何なんだろうか


まあここもそんな一店ですけどね
味はしっかりとしてるし、
(麻+辣)×こく=旨味の醍醐味

複数で行ったのでたまには余計なものもと、あんかけ焼きそば 788円

華房004
   あんの旨味とごま油の香りが気に入った

  所々に焼き目がパリパリ
  本心言うと、これが食感いいというのだから
  理解できないところはあるなあ
  あんかけ麺は
  やっぱり、茹でか蒸したままのほうが
  好きなんだけど
         だから 普通の味わい


美味いんだけど、全体的に甘味と油感が強いかな
家族みんなでおいしく食べられるっていう味わい
確かに、子供の家族連れが多かったような気がする

同行者の油淋鶏セット  1120円
 華房001


  からっと揚げたた鶏肉にレモン風味のたれが
  美味かったと言っていた






華房005
店のわきに数台の駐車場
 --------------------------------------

テーマ:中華料理 - ジャンル:グルメ

【 2018/09/10 20:48 】

食の細道  | コメント(2)  | トラックバック(0)  |

浅草観光 その2 食堂の件 「君塚食堂」


浅草東洋館で漫才を楽しんだ後は
さて、楽しみにしていたホッピー通りへと行ってみるとなんだか異様な混み具合(土曜の夕方はいつもこうなの?)
ホッピー通りを抜けて木馬館の前まで来ると、空いていてよさそうな趣の佇まいが見えたので
入ってみることに

浅草の食堂
食べるのが基本で、一杯引っ掛ける飲みにも最適な状態
はるかに地元民の雰囲気があふれているところ
ホッピー通りより地元感が数段強い様子
これはいい処に来てしまったなぁ

手前の席では旦那衆3人が甲子園野球見ながら昔語りをしていたり
近所のおばあちゃん風情が一人で冷やし中華を食べていたり
将又、帰りがてらの家族連れが夕食を取っていたり
近所の演芸興行関係者と思しき方々が数人でくだを巻いていたりと
なかなか面白い風情の店

おでんも店の前において煮込んでたので、盛り合わせ5個ほど頼む
あっさり味がしみ込んで、たっぷるのからしにつけて食べる

 君塚食堂001

   大根は根の方がだされたから、
   繊維質が多くてうまくなかったが
   練り物はじっくり煮込まれて
             柔らかくなっていた
   一品 500円だそうだ




牛もつ煮込みはみそとニンニクが強かったが、東北人にも十分通じる味の濃さに旨味


 君塚食堂002

   生ビールを2杯やって、 2200円

   さて、心もお腹も大満足にて
            東京駅に向かおうか





--------------------------------------

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

【 2018/09/05 22:09 】

食の細道  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
 | ホーム |  次ページ ≫