FC2ブログ

晴耕雨読的達観 食生活

宮城・山形に架ける食の細道、 たまには名所旧跡 探訪も

プロフィール

HOWLING PAPA

Author:HOWLING PAPA
食べることを通じて見る日常
時に快活に時に雄弁に、時に黙考
足は地に着けて歩きましょう
流れに流されずに・・・・・
さてと、今日の天気は如何なもんでしょう

にほんブログ村 グルメブログ 東北食べ歩きへ

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 宮城県情報へ

リンク

最新記事一覧(サムネイル画像付き)

「かつグルメ 利府店」 (その気で思えば)三度楽しめるかつ丼がある 2018/10/20
「雲の峯幾つ崩て月の山」 月山に登る 2018/10/17
「三島屋(宮城県多賀城市)」 この印象に残る麻婆豆腐 2018/10/10
「花鳥風月 鶴岡店」 青は藍より出でて藍より青しのワンタンメン 2018/09/30
夏の日 湯野浜に遊んだ  「都屋」 2018/09/29
地味ながら賑わっている店 「香蘭(仙台市長命ヶ丘)」 2018/09/23
村田観光の後に、工夫とこだわりのみそラーメンを食べるの件 2018/09/15
(麻+辣)×こく=旨味の醍醐味 「華房(仙台市泉区)」   2018/09/10

カテゴリ

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

TWITTER

最新コメント

カウンター

検索フォーム

「花鳥風月 鶴岡店」 青は藍より出でて藍より青しのワンタンメン

さてと、夏の旅行で鶴岡によった昼ご飯はこちらとなりました

鶴岡には、11時前に予定通り早く着いたから目的の此処に止めて待つ
早々と待ちができてさすがの人気店という感じだ

2番目に入場
その後も次々とやってくる
夏休みだったせいか、家族連れが目立っていた


店内は広々して、なんだかセンスの良さを強く感じるね
こういう店が作るラーメンはうまいはずだよ!

テーブルには濃縮ジャスミン茶
これだけで当店は、点数5 にしたいほどだ

えびワンタンメン 780円
ワンタンがすり身のじゃあなくてむきエビ丸ごと包んであるようで
ごろっとむきエビの固物感に、なんだか違和感を感じる食感
薄皮のワンタンは満月ほどの薄さではなかったけど、エビがぐんと引き立ってるから
皮の厚さは然程気にはならないが、ねっとり食感が少しばかり残る

花鳥風月001
   スープがまた旨いんだからね
   鶏にあごだしのほんわりと優しく
   やわらかな味わいと甘味
   それと出汁の基本、
   削り節の薫りが大変心地いいなぁ

   中細の縮れ麺ながら
   よくぞ噛み合ってくれたという印象
  やや柔らかめではあるけど噛み応えもいいし
   口の中で存分に楽しめる
スープも完飲の抑えが利かなくなりそうなほどの脳髄刺激

焼き目の付いた、ももモモとバラ肉のチャーシューに太いメンマ
それぞれがうまい具合に置かれている
文句つける気もないけど、文句のつけようがなさそうなまとまったと思う中華そばですね
こりゃあ、旨い


名を冠したのは、花鳥風月らーめん 880円

花鳥風月002
   2種のワンタンは、えびワンタンと
   肉のワンタンが入っているという
   えびのすり身も入ってたような感じがして
   美味いワンタンだ

   半身の煮卵も入って、
         スープと麺はは同じ仕様



酒田の「満月」で修業した人らしいが
青は藍より出でて藍より青し ・・・・ と思ってしまうがこれからが楽しみだね
 ------------------------------------

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

【 2018/09/30 20:27 】

中華そば食べよう  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

村田観光の後に、工夫とこだわりのみそラーメンを食べるの件

近頃は村田に行く用事もまったくなくなってしまい寂しいものだ
で、久しぶりの機会と何とか用事を作って、村田の名所旧跡はほとんど知らないという
同行者のために村田近辺の案内?して散策

過去に行ったことのある主だったところ
干咾不動尊(かんまんふどうそん)、姥の手掛石、牛石、茶釜ヶ淵、白鳥神社、やましょう記念館、 道の駅、歴史館・・・・

まだまだあるのだが、本来の用事をこなさなくっちゃあねと
「やましょう」の近くにあったCafe蔵人で休憩

この店なかなか面白い
自分家の蔵を改造して、これでも喫茶店ていう感じの佇まい
オーディオ機器や書籍類を運び込んで広いのだが居場所がかなり狭くなる
雑然とものが置かれている、いわゆる大人の書斎な雰囲気

一見はとりつきにくそうな主だったが、一言語りだせば一家言ある輩だった
村田観光の内実の話から、蔵町の保存運営の難しさや今後の展開の姿などについては雄弁だったね
ご馳走様

さて本来の用事も済んだので、今日の目的の一つ遅い昼ご飯にしよう
なにやら、村田にかなり人気のラーメンがあるというから来てみた

場所からすると、槻木から村田に入る辺りの、以前には食堂だったところ
味噌ラーメンが主力の様子だ

「黒だいず」と言うみそラーメン 770円

だいず001
  スープのベースは、鶏とげんこつスープに
  ブレンドしたみそだれで
  それに白ごまを加えたという口上書き

  まろやかなみそだれに焦がしニンニクと
  だいず油を合わせたマー油風のたれを
  かけたのがこれだ
  にんにくチップも乗るから食欲を誘う香り


「三食だいず」というみそラーメン 810円
黒だいずにもう一色赤を足して、白+黒+赤 だから三色なんだって

だいず002
  赤とは、13種類の漢方とトウガラシなどの
  スパイスを調合した香り豊かな油
  との口上書き
  赤のたれは別容器で出てくるから調整可能
  辛しみそじゃなくて、
  たれを加えるになってるところが目面しい
  辣油のつもりでいると辛みは然程でもないが
  なんか違った味わい
  漢方?スパイスを感じるかも
  丼の右にあるのが赤の油  

嗅覚的にも味わいも四段階に変化して面白いラーメンですな

麺は、やや太目ながら少しの捩れがあるから適度にスープが絡んで、あっさりミソスープながらいい具合に感じる

みそ味にノリが付くんは初めてだね
チャーシューやメンマは特段のことはないけれど、こだわりと工夫されたラーメンて感じかな

 だいず004

--------------------------------------

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

【 2018/09/15 19:47 】

中華そば食べよう  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

「かんじ(仙台市連坊)此処は当其処よりは落ち着いて食べれるぞ

ラーメンにはあんまり詳しくなさそうな知り合いのおじさんおばさんに、本気で強く勧めらるあまり
あまり斯う云う意行動は執らないんだが、止むを得ないっていうか諸般の大人の都合っていうかで、
大して気にも留めずに期待もせずに初訪店と相成ったわけだ

あまりラーメンの鑑別眼がないから、ビジュアル的に、なんだ「みずさわや」と同じかって感想

だが食べてみると、なんかいい
比較になるが、甘さがない分すっきりして、煮干のうま味が感じられて
これは好きだ
かんじ001

麺はあまり記憶に残らなかったが、そこそここしあり噛み応えと歯切れのいい感じの
麺だったと思うが、そんな感じ

ほぼ同じ価格で、のりつきだし。
此方のほうを断然好きになりそう


カウンター10席ほどで、狭い店も同じようだが背中・後方が広いというのが
安心して落ち着いて食べられるポイントでもあるからね

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

【 2018/09/01 20:33 】

中華そば食べよう  | コメント(3)  | トラックバック(0)  |

「中華亭分店(宮城県白石市)」 白石ラーメン?

エコーラインの帰り道、気持ちのいい気候と陽気に少し早い時間だったが訪店
(もちろん、行程にはこの店が組み込まれていることは間違いないって)

すでに外に並んでいる
2巡目のようでそれほど時間はかかるまい
林間の空気を味わいながらしばし待つことに
(たまに、この場所で煙を燻らす輩がおるね
そういうのは、もっと下界にいる間に味わえばいいのだが)


中華そば 650円

なんで、思い出したようにリピートしたくなるか
その理由は「MISS爽や」のような場合と全く違うだろう

 中華亭分店001


油とあくらしきものの浮く醤油の力強いスープ
豚ガラ、鶏ガラの強い香りと煮干しのえぐい香り
ソーメン様の柔らかな低加水の中細麺
         ・・・・主要構成はこれだけ

値段だけからすると、ちょっと高いという感じを受けるのだが(実際そう思うのだが)、
食べてみると思わず納得の説得力がある一杯だ

暑い日、将又寒い日に食べればその真価がはっきりとわかるだろう
基本の中華そばというよりは、昭和のラーメンと言いたい
いやむしろ、「白石ラーメン」とでも括るかな
その違いに拘ることもないのだが、ついつい・・・・・・・・

------------------------------------------

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

【 2018/07/23 06:50 】

中華そば食べよう  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

「はちのや(山形県寒河江市)」久々のガツンと、支那そばの一杯


寒河江と天童辺りで食べてみたい中華そばを、山形ついでに初訪店してみる中での一軒

支那そば  600円
あっさりとこってりから選べる
乙さんはあっさり
同行者はこってりを頼んだ

大分待ってのは覚悟の上だから、店内を隅々見渡しながら
この店の造りは以前はきっと、カラオケスナック何かだったんだろうと勝手に思いめぐらし楽しんでたところ

スープの色は黒く、いかにも塩っぱそうな色あい
動物系だしに、にんにくの存在が強烈
しかも味濃くて塩っぱいんだなあ
久しぶりにこういうのを食べた

あっさりとはいいながら             こってりは、さらにラード系の
細かな背脂がけっこうのっている         たっぷり脂が覆っているが、    
強烈なスープだなぁ               スープと麺は同じだろう
                         
はちのや001  はちのや002

途中で割り用スープがでてくるのを知っていたから、催促せずに出てくるのを待ちながら、ゆっくりと啜る
割りスープは、やや脂っこさを感じるものでわかめ入り
結局少しづつ 入れつつ食べたら、ほとんど使う程だった

麺はやわらか仕上げ
加えて、ちょっとぬるさが目立つので、さすがの猫舌乙さんでも不満足感が残る

モモチャーシューは固く仕上げでいいと
太いメンマが5、6本存在感あり
スープの強烈さに比べれば味はとんどしないようだった 

小ねぎの刻んだのが乗っていたが、なんだかちょっと変わった味わいのした、あさつきのような、にら??
のりとなると付き

リピートする??
好きな輩にはかなり堪らない味わいなんだろうと推測はできるが
強烈すぎて、乙さんはきっとしないなぁ

IMG_20180507_133235.jpg  はちのや003
---------------------------------------------

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

【 2018/07/11 16:53 】

中華そば食べよう  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
 | ホーム |  次ページ ≫