FC2ブログ

晴耕雨読的達観 食生活

宮城・山形に架ける食の細道、 たまには名所旧跡 探訪も

プロフィール

HOWLING PAPA

Author:HOWLING PAPA
食べることを通じて見る日常
時に快活に時に雄弁に、時に黙考
足は地に着けて歩きましょう
流れに流されずに・・・・・
さてと、今日の天気は如何なもんでしょう

クリックしてもらうと、凄く励みになります
       ↓
  にほんブログ村 グルメブログ 東北食べ歩きへ
  にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 宮城県情報へ

リンク

最新記事一覧(サムネイル画像付き)

ソース焼きそば 「寺岡飯店(仙台市泉区)」 2018/08/15
名前に違わない「匠の庵」、微に入り細に入り本気で食べたそば 2018/08/10
「十割そば会」 そば喰い常用に最適 2018/08/05
「中華亭分店(宮城県白石市)」 白石ラーメン? 2018/07/23
「江戸家(仙台市長町)」 変わらずのハイバリュー丼セット 2018/07/19
「開盛庵(仙台市)」 老舗の味 鰻どん 2018/07/14
「はちのや(山形県寒河江市)」久々のガツンと、支那そばの一杯 2018/07/11
「長命ヶ丘飯店(仙台市泉区)」 地元の中華名店 2018/07/07

カテゴリ

カレンダー

02 | 2018/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

TWITTER

最新コメント

カウンター

検索フォーム

「ふくや」 山形を代表するうす皮わんたん


極端に薄皮のつるつる、所謂、飲み込めるわんたんという
なんだろうか、山形にはワンタン文化があるのかな、それもうす皮で
酒田、寒河江、米沢と思いつくだけでも3巨頭
中華料理ではない中華そばのわんたんがのる中華そば

今年の初山形の中華そばはメジャーなところで、ふくやに
久しぶりだし、あのつるっとしたわんたんを食するのは、なんかお目出度い気分になるではないか

ふくや001
   するりするりと滑り落つる
   たっぷりの飽きることないわんたん
   シンプルなあんだからこそ美味い
   皮自体がトッピングになりうる存在感

   程よく採れたぶしのだし、
   柔らかスープに柔らか麺で
   十分な旨さに増して、
   加えてのわんたんにいつでも食べたくなる

-------------------------------------

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

【 2018/03/31 17:23 】

中華そば食べよう  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
 | ホーム |  次ページ ≫