晴耕雨読的達観 食生活

宮城・山形に架ける食の細道、 たまには名所旧跡 探訪も

プロフィール

HOWLING PAPA

Author:HOWLING PAPA
食べることを通じて見る日常
時に快活に時に雄弁に、時に黙考
足は地に着けて歩きましょう
流れに流されずに・・・・・
さてと、今日の天気は如何なもんでしょう

クリックしてもらうと、凄く励みになります
       ↓
  にほんブログ村 グルメブログ 東北食べ歩きへ
  にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 宮城県情報へ

リンク

最新記事一覧(サムネイル画像付き)

麺固めにたのむ気がしない「中華亭 (白石)」  2018/05/18
麻婆豆腐サーベイもまだ道半ばで 「四川料理 北竜(仙台市若林区)」 2018/05/13
青森の煮干し中華 「長尾中華そば(青森市)」 2018/05/10
弘前城の桜―「津軽そば編」 2018/05/08
「弘前城の桜」-お花見編 2018/05/05
「寿司吉」市場の食堂 有難う 2018/04/30
「ゆうやけ(宮城県船岡)」 長年食堂の食べたいとんかつ 2018/04/26
「銀座食堂」 懐かしさと共にまた来よう 2018/04/20

カテゴリ

カレンダー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

TWITTER

最新コメント

カウンター

検索フォーム

南蔵王 不忘山往復

今年はまだあまり山歩きしてないな、という思いでずっといたので
久しぶりに晴れて気温も25度ぐらいになるという9月初旬の日曜日
だったら、南蔵王 芝草平でも歩いてみようかと出かけた
もちろん、単独行での気分次第の気楽な山歩き

南蔵王連峰は、お釜で有名な蔵王の盟主熊野岳から刈田岳を通り南に稜線が続く
芝草平は南蔵王連峰の途中にあって、刈田峠から1時間ほどの行程で行けるお花畑で有名な湿地帯

蔵王エコーラインからハイラインへの入り口に登山者が使う駐車スペースがある
10数台ぐらいしか止められないので、混む時期は相当早くいかないといけないようだ
ここから、南に登山道に入り少し下ると刈田峠となる
ここから南に向かうのが南蔵王連峰の一般的なルート

7時40分 刈田峠の駐車場を出発
この時間でも、登山者用の駐車場はほぼ一杯になってる

この辺りは雲もなく晴れていたが風がけっこう強く吹いている
気温は10度ちょっと
しばらく歩いていると、屏風岳から先の稜線上にはガスがかかりだしてきた

刈田峠から前山、杉ヶ峰と登り、一気に降りると芝草平 1652mへ到着
この時期では、殆どの花は見られなくなっているが、見渡す湿地帯とその向こうには屏風岳の山容が見える

        芝草平                 屏風岳稜線
南蔵王2001  南蔵王001

本当はここから引き返すつもりでいたのだが、生憎だったガスも引けてけっこうな視界がでてきた
もう少ししたらガスは消えていい眺望が見れるかな、ということでもう少し行ってみようと屏風岳へ向かう


屏風岳 へ稜線に飛び出すと、東に続く稜線が見える
       後烏帽子岳                  馬ノ神岳
南蔵王003  南蔵王002

屏風岳頂上 1825m までくると、ガスは晴れ上がって、振り返ると歩いてきた杉ヶ峰や刈田岳が、
向かう方向に目をやれば、これから向かう南屏風岳から不忘山への稜線がくっきりと見える

       南屏風岳                 南屏風から不忘山                   

南蔵王005  南蔵王004
ここまで来たんだから、と、この先不忘山まで行ってみようと出発

南屏風岳 1810m に到着
この先を見ると、まだ歩かなきゃいけないんだ、大変だなぁ

南蔵王006  南蔵王007

このピークは不忘山頂上ではなくて、その手前の似非不忘ピーク 1732m
この奥に今回の最終点がある
 南蔵王008
   不忘山 1705m 到着  11時20分
   まだ体力は少しは残ってるようだ

   11時40分に不忘山を後にして戻り出す

   途中は、大体晴れてはいたが
   稜線上は風が強かった
  まあ、そのおかげでガスが晴れたのだろうが


久しぶりの山歩きなので、かなりぐったりとなりながらなんとか刈田峠の駐車場へ戻って来たのは、午後2時ちょうど

往復6時間の行程だったが、なんとか歩けたのだった
歩数は 29700歩、   歩いたあ!
帰りには、遠刈田温泉でラーメンかそばでも食べていかなくっちゃ

Inked南蔵王地図_LI
    (赤い線が今回の歩いたところ)
----------------------------------------
関連記事

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

【 2017/09/24 17:37 】

晴耕雨読的眺望  | コメント(2)  | トラックバック(0)  |
<< 久しぶりの日替わりランチ 「味かん(宮城県名取市)」 | ホーム | 月山道のオアシス 「レストイン 花笠」 >>

コメント

---  ---

調度同じくらいの時間帯に私も居ました。
おそらくお会いしてたと思います。
柚  *  URL[編集] 【 2017/09/24 20:37 】
--- -Re ---

そうでしたか
あの時は老若男女けっこういましたですからね
単独でしたか?
気楽な山旅はホント、楽しいですね
HOWLING PAPA  *  URL[編集] 【 2017/09/28 19:59 】

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム |