晴耕雨読的達観 食生活

宮城・山形に架ける食の細道、 たまには名所旧跡 探訪も

プロフィール

HOWLING PAPA

Author:HOWLING PAPA
食べることを通じて見る日常
時に快活に時に雄弁に、時に黙考
足は地に着けて歩きましょう
流れに流されずに・・・・・
さてと、今日の天気は如何なもんでしょう

クリックしてもらうと、凄く励みになります
       ↓
  にほんブログ村 グルメブログ 東北食べ歩きへ
  にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 宮城県情報へ

リンク

最新記事一覧(サムネイル画像付き)

見た目がそそるラーメン 「みずさわや」 2018/02/17
「どんぶり亭 まつもと」 2018/02/13
さばだし中華そば 「増田や」 2018/02/11
堂々安心のソース焼きそば 「ちどりめん」 2018/02/04
「元禄寿司 岩沼店」 ガリとふのりみそ汁と 2018/02/03
「初代 梵天丸」 天童中華そば、と呼びたくなる 2018/01/27
「山形そば つるや」 冷たい肉そばで山形を思う 2018/01/25
うなぎは、ちらすよりまぶしたほうがいいかな 「開盛庵」 2018/01/20

カテゴリ

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

TWITTER

最新コメント

カウンター

検索フォーム

秋が来たら思い出す、さんま蒲焼き丼

近年、さんま不漁で値上がり甚だしく、今年は顕著に高くなっていたるようで
庶民の味、特に身近な魚がまた一つ遠のいていくのかな

岩沼R4バイパスを走っていると店の前に、今が旬の「さんま蒲焼き丼」が幟にたなびいている
これは是非食べてみようと初訪店したのは、吉野家の向かいにあるあるすき家
昼前、まだ1,2人ほどの客

さんま蒲焼き丼 580円
注文するや圧倒的なスピードで配膳
牛丼がでてくる以上の速さは、どうみても作り置き

 すきや
   大きなさんまの開きが一匹、
   如何にも「ドン」っと乗っている
   切り身だと想定していたから、
   びっくりの大きさだなぁ
   これは食べ応えあるね

   ご飯の上には大量の刻みのり
   その上にたれに照っているさんま蒲焼き
   噛み口ふわっとしっとりと柔らかく仕上がっている
   甘塩っぱ味が濃いたれに、大根おろしをそのまま載せて食べるとちょうどいい

さんまの大きさに比べ、ご飯が意外に少なめ
大根おろしが、別皿でたっぷりと添えられてるのはいいね
それと山椒粉付き
おろしと山椒
この取り合わせは目づらしく、かば焼きを2度味わえる趣向
なかなか難しそうな食べ方になりそうだが

さんまといえば、もちろん「さんま丼」もいいが「さんまの竜田揚げ」も秋の時期好みの一つとしている乙さんだが、
どっちがいいか?と問われれば(自問自答)、やはり竜田揚げだろうと思う
-------------------------------------------
関連記事

テーマ:丼物 - ジャンル:グルメ

【 2017/12/30 07:13 】

食の細道  | コメント(2)  | トラックバック(0)  |
<<  「ゆで太郎 名取店」 トッピングでカレーかつ丼になった | ホーム | 「いばらき(山形県天童市)」 おろし中華とは? >>

コメント

---  ---

いつも上から目線のお客様ですね!
路線変更せず頑張ってください!
たかはし  *  URL[編集] 【 2017/12/30 12:22 】
---  ---

謹賀新年でーす。
タヌキ親父  *  URL[編集] 【 2018/01/01 00:03 】

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム |