晴耕雨読的達観 食生活

宮城・山形に架ける食の細道、 たまには名所旧跡 探訪も

プロフィール

HOWLING PAPA

Author:HOWLING PAPA
食べることを通じて見る日常
時に快活に時に雄弁に、時に黙考
足は地に着けて歩きましょう
流れに流されずに・・・・・
さてと、今日の天気は如何なもんでしょう

クリックしてもらうと、凄く励みになります
       ↓
  にほんブログ村 グルメブログ 東北食べ歩きへ
  にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 宮城県情報へ

リンク

最新記事一覧(サムネイル画像付き)

麺固めにたのむ気がしない「中華亭 (白石)」  2018/05/18
麻婆豆腐サーベイもまだ道半ばで 「四川料理 北竜(仙台市若林区)」 2018/05/13
青森の煮干し中華 「長尾中華そば(青森市)」 2018/05/10
弘前城の桜―「津軽そば編」 2018/05/08
「弘前城の桜」-お花見編 2018/05/05
「寿司吉」市場の食堂 有難う 2018/04/30
「ゆうやけ(宮城県船岡)」 長年食堂の食べたいとんかつ 2018/04/26
「銀座食堂」 懐かしさと共にまた来よう 2018/04/20

カテゴリ

カレンダー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

TWITTER

最新コメント

カウンター

検索フォーム

「元禄寿司 岩沼店」 ガリとふのりみそ汁と

たまには回転寿司と思い久しぶりの訪店したのは、R4とR6の交差点近く
それでも何年かぶりだろうかな
選べるランチで廉価版の海鮮丼があったね,たしか

カウンターの中には職人が一人でやっていて、タッチパッドが目の前においてある
そこから注文するようになってるらしい
何処でもそうなってきたんだね
もはや対面のカウンターである必要もなく、パネルで注文して会計すれば声を発することなく店を出ることができそうだ
どんどん様変わりするものだね
しかし、なんで寿司だけカウンターだったり、回転だったり、レーン配送方式になってるのかな
江戸前の伝統、にぎって差し出す、という作り立て感を演出するため?
その独特の作り方や配膳方法、食べ方独自の文化も
そのうち、ファミレスの様態に席巻されて配膳方式になってしまいそうな勢いだね


特にランチはやっていないようだが丼類はある
期間限定で自然薯をトッピングにしてるものがあったが、なんとなくいつものように
何種類かの海鮮丼から、まぐろ丼 756円

カウンターの中、目の前にいるのでパネルを押すこともないだろうと、直接発注
ちょちょっといじったかと思うと、2分もせずに、カウンターの中から出てきたのには驚いた

 006.jpg
   メバチ赤みととろ身が盛られている
   その下には、刻みのりがどんと
   赤身はすじの入った
       スーパーレベルのが4、5枚
   妙に脂感の強いとろ身が半分ほどを占める

   箸を入れるとのりがご飯にへばりつき
   食べ難くなる
   ほどほどの量でけっこう

サービスに、切り干し大根の小皿と、布海苔のみそ汁が好きだからかこれがいい

ガリは甘みのあるもので好みだ
だからたくさん食べた

がり+海鮮丼+みそ汁 で此処のバリュー感は保たれるね
-----------------------------------
関連記事

テーマ:海鮮丼 - ジャンル:グルメ

【 2018/02/03 18:45 】

食の細道  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
<< 堂々安心のソース焼きそば 「ちどりめん」 | ホーム | 「初代 梵天丸」 天童中華そば、と呼びたくなる >>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム |