FC2ブログ

晴耕雨読的達観 食生活

宮城・山形に架ける食の細道、 たまには名所旧跡 探訪も

プロフィール

HOWLING PAPA

Author:HOWLING PAPA
食べることを通じて見る日常
時に快活に時に雄弁に、時に黙考
足は地に着けて歩きましょう
流れに流されずに・・・・・
さてと、今日の天気は如何なもんでしょう

にほんブログ村 グルメブログ 東北食べ歩きへ

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 宮城県情報へ

リンク

最新記事一覧(サムネイル画像付き)

今節2回目のカキフライは 「満天食堂(仙台市明石台)」 2019/01/22
「森久(山形県東根市)」昼前のそばはここだ 2019/01/19
「幸楽苑」 これからも頑張ってほしい店であります 2019/01/12
ちょっと違うかな、此方の店は  「ゆで太郎 六丁の目店」  2019/01/05
麻婆豆腐 「飲茶酒樓(仙台市連坊小路)」  2018/12/31
「山形や(仙台市本町)」  2018/12/29
「家はらこ飯」 家族の思い出と共に 2018/12/22
「初代 梵天丸(山形県天童市)」 2018/12/18

カテゴリ

カレンダー

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

TWITTER

最新コメント

カウンター

検索フォーム

「山形や(仙台市本町)」 

以前からちょっとは(店名がね)気になっていたそば屋の一つでもあります

もりそば 756円

ランチの時間帯は大盛り無料のよう
とはいっても、200gほどで
白っぽくて明るい灰色
並打ちの細目
箸下は4寸ほど
太さがばらつくところが手打ち感たっぷり
いいね

山がた001  山がた002  

かどはないからそれほどの撓りが出ないが、茹でがいいのか噛み応え十分
食感よくて繊細な感じを受けるそば
表面滑らかでつるりとのど越しもいい

水切りは当初いい具合だったが、
時間がたつとやはり乾きが少しばかりでて絡みが起こるのだが
麺量大盛りでもほどほどなのであっという間に食べきれる

独特の香りを感じる酸味の強いつゆ
結構塩っぱいから、蕎麦湯を少しばかり注いでちょうどよい塩味だ
ちょっときついほうかな
こちらは、薄めるとかおりものびてしまう

店名は無関係のようだが「山形」のそばとは全く違う出来で、むしろいわゆる東京藪そばって感じかな

同行者のが天ぷらを頼んでいたので少しばかりもらってみた
山がた003

ほぼ千円増しという中々の価格設定で、肝心の天ぷらは中振りのエビが2本に、
ナス、シイタケ、シシトウ、カボチャ、サツマイモの6種9品と
天つゆと桜塩がついてる

ごま油の強く香るところで噛みこんでみると、歯ぬかり感が少しばかりある出来

ちょっとの大根おろしも天ぷらについてたのでいろいろと薬味が楽しめた

山がた004

駐車場がなさそうなのが、是が難だね

------------------------------------

テーマ:蕎麦 - ジャンル:グルメ

【 2018/12/29 17:13 】

蕎麦Ave.  | コメント(2)  | トラックバック(0)  |

「家はらこ飯」 家族の思い出と共に

そう言えば、今年の家はらこ飯についてブログに上げていなかったようで
写真が残っていたので、今年も紹介しましょう

そうそう、今年は外でひとつもはらこ飯を食べてなかったんですねぇ
昨年までは、弁当なんかも含めて数か所のものを食べていたほど好きだったんだけどね
環境が大きく変わってしまったから

毎年変わり映えしないが、材料は(亘理じゃあなくて)石巻にある商店のものを取り寄せて
家はらこ飯作ります
(って、もちろん奥さんがですが)
これ、遠方にいる家族に送ると大変喜ばれている代物

サケの煮汁で炊き込みご飯にサケの切り身と味付けイクラを乗せて、ハイ はらこ飯

家はらこ飯002  家はらこ飯001

はらこ飯は子供たちがまだそれほど大きくなかったころ、
毎年亘理や岩沼周りにみんなで食べに行ってたね
その中の何店かは、震災で失ったり閉店したりしたけど、今年もはらこ飯グランプリとかもあって
ますます名物として賑わっているのは大変うれしいこと

また、みんなで亘理のはらこ飯を食べに行くことを楽しみに、家はらこ飯を堪能しました

----------------------------------------

テーマ:作ってみた - ジャンル:グルメ

【 2018/12/22 20:02 】

食の細道  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

「初代 梵天丸(山形県天童市)」

山形行き
同行者が好みの此方で昼ご飯

頼むのはいつもそれぞれ同じで、
乙さんは白丸中華そば 550円

梵天丸002

同行者 が梵天丸中華そば 650円

梵天丸001

煮干しの魚介スープに鶏油のこってり味の濃いスープ
これがベースで魚粉たっぷりと白丸中華
背油が入って梵天丸中華となる違い

中太のちぢれ麺に力強いスープが絡んで噛みごこちと食感がとてもいい


奥の方に、フリーのつけものが置いてある
自家栽培の野菜でがこれまたうまいから、ご飯もらってこれだけでもいいぐらい

------------------ー------------------

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

【 2018/12/18 16:44 】

中華そば食べよう  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

古川で食べたラーメン 「斎虎(宮城県古川)」

昼もとうに過ぎておやつの時間にかけて居たのはた古川郊外
地理にも不案内だが、ちょっと記憶に合ったこちらに足を延ばしてみた

昼の最後客らしいのが帰るのと入れ替わりに我々が入るのを快く迎えてくれる
有難い
小さな子供連れだったのにも気遣ってくれるホスピタリティーある女性スタッフにも感謝しながらいただきました

       塩ラーメン            しょうゆラーメン

IMG_20180801_140704.jpg  斎虎001

  スープは共に鶏だしに鶏油
  旨味たっぷりに鶏油が包み込む
  こくの質感と量感が引き立ちも奥行きもぐんと広がるから、旨い

  塩味が強すぎたのかな、
  訪店日は暑いこともあるが、地域性?

  麺は中太
  たまご麺のようでもあるし、噛み心地もしっかり、小気味よく噛み切れる食感がいい

今時風な感を持つことができるし、懐かしさにも十分追随できる味の幅を持つキャパビリティーを持ち合わせてるような・・・・

  お代はどちらも   650円

斎虎002

  この辺りに来たらまた食べたい







 ---------------------------------------

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

【 2018/12/15 17:29 】

中華そば食べよう  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

カレーの店 「三多賀(仙台市新寺)」

ミタカと呼ぶようだ
店の前を通るやと匂いがしてくるとカレーの店のようだか
懐かしきのオフィス街外れの喫茶店の佇まいで、全然洒落ていない食堂メニューが揃ってる
(失礼ながら、斯う云う店は大好きなんだ)

ミニそば、ハヤシライスセット 700円
大体が、配膳がグリーンのプラスチックの給食トレイ
なんたって、学食を思い出してしまったよ
あの頃は(とは言っても昭和ももうすぐ終わりに近づきつつあったあの頃だ)
かけそばは30円、ライスカレーは60円
そんな時代を思い出すビジュアルが嬉しいかな

 みたか001
   ハヤシライスは、強烈に濃いから
   柔らかご飯がかなり進む
   半皿だが半そばと食べると
   かなりのボリュームとなる

   冷凍そばのような食感
   つるつるもちっとしてる
   ここは個人の店
   古くからやってそうな昭和の喫茶食堂


でも、こーヒーのドリンクが見当たらなかったな
狭いから混んでくるとゆっくりもできない雰囲気ながら、なつかしさにまた行きたくなるよな・・・

後日、ここのカレーがやはり食べたくて再訪
カレーライス 650円
辛口で頼んだ
辛いことは辛い
後から辛味の素をかけてるだろうな
ねっとりして甘口で辛い
和風で辛い
甘い味付けに昭和の家庭の味わいかな、断言

時々夜に通るけど、まったくやっていない様子
昼の間だけの貴重な店だ
-------------------------

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

【 2018/12/07 06:52 】

食の細道  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
≪ 前ページ  | ホーム |  次ページ ≫