晴耕雨読的達観 食生活

宮城・山形に架ける食の細道、 たまには名所旧跡 探訪も

プロフィール

HOWLING PAPA

Author:HOWLING PAPA
食べることを通じて見る日常
時に快活に時に雄弁に、時に黙考
足は地に着けて歩きましょう
流れに流されずに・・・・・
さてと、今日の天気は如何なもんでしょう

クリックしてもらうと、凄く励みになります
       ↓
  にほんブログ村 グルメブログ 東北食べ歩きへ
  にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 宮城県情報へ

リンク

最新記事一覧(サムネイル画像付き)

麺固めにたのむ気がしない「中華亭 (白石)」  2018/05/18
麻婆豆腐サーベイもまだ道半ばで 「四川料理 北竜(仙台市若林区)」 2018/05/13
青森の煮干し中華 「長尾中華そば(青森市)」 2018/05/10
弘前城の桜―「津軽そば編」 2018/05/08
「弘前城の桜」-お花見編 2018/05/05
「寿司吉」市場の食堂 有難う 2018/04/30
「ゆうやけ(宮城県船岡)」 長年食堂の食べたいとんかつ 2018/04/26
「銀座食堂」 懐かしさと共にまた来よう 2018/04/20

カテゴリ

カレンダー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

TWITTER

最新コメント

カウンター

検索フォーム

「寿司吉」市場の食堂 有難う

すし吉001
ありがとう、寿司吉さん
市場の食堂メニューは斯くあるべきだって、
混みあっても並んでいてもこうだって、
腹が減った輩たちの客捌きはこうだって、
ガリ多くしてほしい輩にもいうことを聞いて、
海鮮の丼はこういう風に造るものだって、

そうなんだって


もう此処にもめったには来れなくなるかな
だから、
定食やどんぶりの全部を食べたわけではないけれど、
配膳待つ間にしみじみと眺めていた湯呑の人生訓
また、訪れるときまであの丼がそのままでお預けだね


有難う、寿司吉さん
また来るよ
----------------------------------------

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

【 2018/04/30 21:00 】

食の細道  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

「ゆうやけ(宮城県船岡)」 長年食堂の食べたいとんかつ

昨夜のこと、布団の中で急に此処が頭に浮かんできて、あのわらじトンカツを食べようと意を決したのだった
なんのことはない、あとでログを見てみたら2年前の同じ頃に訪店して同じものを食べてた様子
これは、桜の便りと共にやってくる気配なのだろうか

翌日は早めの昼ご飯と称して、R4バイパスを船岡をすぎてひた走り、到着は昼ちょっと前
既に3組ほど
今日もまた見かけたではないか、高齢の単独行、しかも女性
もう食事を終えるようで、トンカツをパックに詰めてコーヒーをすするほどの進捗状況だ
こんな光景を見ると、ホントお年寄りから家族連れまで親しまれて、此処のとんかつ大好きなんだなぁ
と、長年食堂に推薦したいほど

脂が旨いや柔らかいやジューシーなどと噂される美味いとんかつは幾多あれど、
この、ころもが粗っぽく・この大きさの・この赤味の強い、
言っちゃえば圧倒的に田舎臭い(失礼!)単純な様相のとんかつはみたことがない

特上ロースかつ定食 1080円

久しぶりに見た
やはり大きいとんかつだし、キャベツはお代わり必要なしのたっぷりの量だ

夕やけ002
   かつは長径15センチほど
   厚みは最大2.5センチほど
   これが6切れにカット
   両端には脂身が半分近く残るが
            それ以外は赤身
   噛みきれるほどに柔らかく、
   固そうな見かけのころもは
          剥がれるほど固くはなく
   何しろ食べ終えた後の口内が、
   いつものひりつきがなくて、
   さっぱりしているから
   乙さん的には食べやすいこと請け合いだ

夕やけ001
   ソースは2種類用意されている
   さっぱりとした味わいのとんかつソースは
   キャベツ用に合い
   瓶に入った甘みたっぷりのソースは
   レモンとともにカツの上へ
   使い分けた方がいい
   大根おろしも楽しめる



   ボリュームが多くて、2人でシェアしてちょうどいい量だ
   でも、パックに入れて持ち帰っても、また一人で食べたくなるとんかつ

セルフのコーヒーサービスを飲み終えれば、さて混んできた店とはもうお別れだ

かつやフライもので1000円~1500円程の価格帯
昔なつかしスパゲッティやハンバーグもあるので食べてみたいのだがついついとんかつに目が向く

最後に、残念な一言を
たまたま出くわした後から隣のテーブルに着いた若い3人組に告ぐ!
食べる前にタバコを吸うな
それも隣の客がいなくなったら吸え
いくらテーブルに灰皿があったとしてもだ
慣習で措いてるだけだからね

乙さんも20年前に吸ってはいたが、食べるところでは遠慮していたから
休息と食事は別々にやってくれ
---------------------------------------

テーマ:トンカツ・豚カツ・とんかつ - ジャンル:グルメ

【 2018/04/26 18:23 】

食の細道  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

「銀座食堂」 懐かしさと共にまた来よう

大分食べに来たなぁ
村田町の静かな街並みの中に佇む一軒
昼時、古びたアルミ製のガラス戸をがらがらと開けて入ると、広くはない店内
小上りにと、テーブル2席に乙さんと同年配そうなご仁がそれぞれ一人づつラーメンを食してる光景
みんな大好きなんだなぁ、此処のラーメンは美味いからなぁなど思いながら小上りの残りの一つに座る

大盛でさえ600円だが、近頃ではもう普通の盛りで十分だろうと
ラーメン 550円

銀座食堂001
  鶏だしとかどのとれないしょうゆの強さ
  いい香りが鼻腔を抜けると
  何かを思い出したかのように
  俄然食べすすむんだ
  今日は、一段と柔らかくなった麺だけれども
  あっさりの鶏チャーシューが
  ストレートなしょうゆ味わいに
  ジワリと絡みついてくるスープが
  いや「つゆ」といった方がぴったりとして
  美味く感じる
  足しもしない、引きもしないストレートなラーメン

  むしろ中華そばとこちらも言った方がいいだろう

普段の生活の中でラーメンを食べる
いつものラーメンを
静かに黙々と食べては帰って行く
いつもと変わらない日常の中で、
いつもと変わらぬ雰囲気が好きだ
店の内もそんな感じだ

カウンターの小窓の奥の厨房に店のおばあさんを見掛ける
いつまでもこの味で食べさせてほしいからお元気で

初めて訪ねたのはもう7年前ほどになるかな
そのころがもはや懐かしくなってくるから、また来よう
     ↓
   銀座食堂
----------------------------------------

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

【 2018/04/20 15:42 】

中華そば食べよう  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

「やまなか家 名取店」 石焼ビビンバ、ワンコイン昼ご飯


いつものように名取のR4バイパスを走っていると、時折見掛けていた「ランチ500円~」という看板に誘われて
初めて入って見ようかな
初訪店の日は冬明けやらぬ気温が7°程の快晴気候に

冷麺セットやユッケなど数種類委ワンコインランチのラインナップの中から選んだのは
石焼きビビンバ 540円、  スープもついてくる

やまなかや001
   ワンコインの
   ぐしゃっとした形相に怯むことなく
   卓上の「激辛旨だれ」をかけてみた

   ものすごい辛さに口内は
   騒然となりしばし麻痺状態に
   キムチやコチジャンなどは
   何の調味料かと言うほど強烈なもの
   激辛注意だ~

途中、レモンや焼き肉だれ、コチジャンを 少々かけて味変させて食べ進められるのがいい

ご飯は冷凍にしてあるのか、だまになった所が多くて、
そこはせっかくの石焼なので焼いて食べてはみたが・・・

特筆することはないが、
540円とすれば、たまに変わったものとしてなかなかの食べ物となるかな
量もけっこうあるし調味料もみそ、たれと種類も多く味変が楽しめる

テーブル上真ん中の石焼きがスタンバイになってるので熱くて熱くてね
スープはわかめ
----------------------------------------

テーマ:焼肉 - ジャンル:グルメ

【 2018/04/17 15:46 】

食の細道  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

「香満城」 寛ぎの昼ご飯でした

岩沼バイパス沿い、外観が赤に塗られたいかにも中国料理店の佇まい
でもその実は台湾系と思われる
此方も紹興酒房の時代から、安いし、手軽で、大満腹の店としてよく食べに来たところ

日替わりランチ 580円の他に、ラーメンセットランチ 680円を始めたようだ
ご飯の皿とラーメンを数種類から選ぶ、よくあるタイプのメニュー
ラーメンセットはボリュームが凄くて、いつもなら日替わりランチなのだが、
今日は思い切って食べてみようと、中から選んだのは当然、麻婆飯としょうゆラーメン

新聞の一面を読んでるともう配膳だ

香満城001
   麻婆飯は挽き肉が多く食べた感はするが
   刺激はそれほどでもなく
   甘いあんかけで辛みが強調されてる感じ
   旨味より日本風の味付けってところかな

それぞれが8分目の量だが
とにかく、食べる食べる
2皿合わせるとかなりの満腹感

ボックス席4席に小上りがけっこうあって広い
背の高いボックスに独りで座りゆっくりとこの昼ご飯をたべる
そんな無茶な楽しみかたも、これからはあまりその機会はなくなりそうでね
なにかとご馳走になって、此方にも
有難う ・・・・・・
---------------------------------------------

テーマ:中華料理 - ジャンル:グルメ

【 2018/04/13 16:46 】

食の細道  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
≪ 前ページ  | ホーム |  次ページ ≫